限定商品 セーラー万年筆(SAILOR) 最高級蒔絵万年筆<br>奥美(Ovi) 麗古紋シリーズ 「古紋・綾之壱」

価格: ¥432,000 (税込)
[ポイント5倍中 21,600ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

H2_P01.jpg


■蒔絵、その源となる漆とは?


漆の歴史は、古く縄文時代に遡る。

漆の樹から採取する樹液を一般的に漆と呼び、

「強力な接着力がある」

「塗って乾燥すると非常に堅牢になる」

「塗った表面が光沢を持つ」 など、

漆という樹液の効能を縄文人は知っていたようで、

縄文遺跡から、朱漆や黒漆を塗った刳りぬき椀や、竹編の漆器や、

漆塗りの櫛や耳飾りや、漆塗りの丸木の弓などが、

土偶と共に発掘されている。



■日本に残る最も古い漆芸

 
飛鳥時代から奈良時代にかけて大寺院が数多く造営されている。

それに伴い、仏像・仏具を塗るための漆技術の進歩と需要が広まったと思える。

 
その中でも質の高い漆芸品として最古のものは、

法隆寺の玉虫厨子と云われ、正倉院宝物とともに奈良時代を代表する。

正倉院の漆芸品には、貝を漆地に嵌め込む螺鈿、漆地に金泥や銀泥で

文様を描く金銀泥絵、漆地に薄い金や銀の板を細かく文様にして

嵌め込む平文、漆地に金粉を散りばめた末金鏤(初期の蒔絵)など、

日本漆芸の源と云われるほど、精巧で芸術的価値が高い。



■蒔絵技術の確立と蒔絵師の台頭

 
平安時代から鎌倉時代、そして室町時代までの約数百年の間で

蒔絵技法がほぼ確立されたと云われている。

 
蒔絵は、漆地の上に漆で文様を描き、その上に金粉や銀粉を

蒔きつけ金銀の文様を表す装飾法である。


その漆地と金粉、銀粉の面を平に滑らかにするために漆を何度も塗り研ぎ出す

『研出蒔絵』と研ぎ出す手間を省くため文様の金粉、銀粉の上を薄く漆で固め

磨き上げる『平蒔絵』は、平安時代には完成していた。

 
鎌倉時代になると、平安の優雅さに加え、豪華さをだすため平蒔絵の

下層をあつく地盛りする『高蒔絵』技法が生まれた。

そして室町時代には、より高低差や濃淡をつけて立体感や写実味を強くだすため

『肉合(菱合)蒔絵』が発達した。

万年筆A055.jpg 万年筆A056.jpg 万年筆A045.jpg

■蒔絵技術の確立と蒔絵師の台頭


蒔絵が隆盛を誇った平安時代から室町時代、大成された蒔絵技法に加え、

文様のバックとしても金が煌めく沃懸地や平目地、梨子地のような技法が

生まれた。

また、螺鈿装飾も巧みになり、切金(金銀の薄板を切って文様に張る技法)も

応用された。これらの技法とともに器胎の形や意匠にも変化があらわれ、

武家文化らしい大和絵調のなかにも剛健ではでな趣きがでてきた。

そして、蒔絵が発展したこの時代、二つの流れが生まれた。後に漆芸界の

大きな流派となる五十嵐派と幸阿弥派である。

五十嵐派の初代五十嵐信斎と幸阿弥派の初代幸阿弥道長は、

共に名工として活躍しながら、平安以来の蒔絵の基盤を作ったといえる。

現代に伝わる加賀蒔絵は、江戸時代、加賀百万石と称された前田家に、

京都に住む蒔絵師、五十嵐道甫が蒔絵を伝承したと伝えられている。

 
代々五十嵐家は、室町時代から京都で蒔絵を生業とし、初代五十嵐道甫が

加賀藩主前田利家に度々招聘され、その都度工人に蒔絵を教えた。

 
初代五十嵐道甫の没後、二代五十嵐道甫が三代藩主前田利常の時代、

加賀(金沢)に移り住み本格的な蒔絵活動をして、加賀蒔絵の礎を築いた。

 
江戸時代には、幸阿弥派、琳派、南蛮漆器など様々な流派や様式の蒔絵が

揃っていたが、室町以来の伝統的な蒔絵の五十嵐派が金沢、

加賀に根を生やして普及した。

五十嵐蒔絵は

(一) 秋草の意匠が多く、絵画的構図ながらも図案化されたものが多い

(二) 地蒔きに平目粉を蒔いたり、螺鈿、切金、付描などの多彩な技法を

     用いるが装飾過剰ではない

(三) 硯箱、歌書箱、伽羅箱、など箱ものが多いなど、

    意匠や技術に伝統を継承した精微なものが特徴と云える。

 

※上記は蒔絵に関しての説明となります。 販売商品の画像とは異なります。ご注意ください

 

※下記画像が販売商品の画像となります。

H2_P01.jpg

H2_P01.jpg

H2_P01.jpg


営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

土日祝は定休日とさせていただきます。
注文はオンラインで24時間受付中。
営業時間は8時~18時です。

ページトップへ