はんこについて

印材について



印材の説明
■柘 (boxwood)
木材の中では繊維が詰まっており程よい硬さと粘りがあるのが特徴です。
他の印材から比べて値段が安いので最も一般に普及しています。
また木材という事もあり、長く使って頂くと木本来の味わい深い色になっていきます。

■黒水牛 (buffalo)
主に、東南アジア諸国(タイ、インド等)の水牛の黒い角を使った印材で、
深みのある落ち着いた黒色そして、粘りがあり大変硬質なのが特徴です。
当「 HANKO-KING 」では芯持材といわれる、 最も希少な角の真ん中の部分を使用しております。

■オランダ水牛 (buffalo)
オランダ水牛は、別名白水牛とも呼ばれ主にアフリカから原材料が輸入されており、
オランダ水牛と呼ばれる理由は、オランダで主に取引されているためです。
水牛の種の中でも最も硬質で割れにくく、粘りや捺印性のよさ印影の鮮やかさが特徴です。
当「HANKO-KING」では芯持材といわれる、最も希少な角の真ん中の部分を使用しております。
オランダ水牛(柄)白とベージュの「色混」で、色の混ざり具合がひとつひとつ違います。
女性の方などに人気です。
オランダ水牛(純白)「色混」とは違い、真っ白なのが特徴です。
色が入らない素材は希少価値が高く高級な印材のひとつです。

■琥珀樹脂 (amber)
「太陽の石」等とよばれ、半透明でべっ甲に近いとても美しい印材です。
また、琥珀は古くから装飾品などに使われている事から最も古く長い歴史のある、
時代が作り出した印材ともいえます。
当HANKO-KINGでは琥珀と高い硬度の人口樹脂を合成することにより、適度に印材の強度を増して、
長く安心して使って頂けるよう成形をした物を使用しております。

■チタン (titanium)
鉄よりも軽くてそして丈夫な特性があり、耐久性・強度は他の印材よりも優れています。
ゴルフクラブや飛行機等の素材によく使われる事で知られており、
未来の金属素材として期待されています。

■本象牙 (ivory)
印鑑の中でも最も知られておりまた最も高級な印材です。
印鑑としての特性、耐久性、捺印性、粘り等どれもがバランスよく調っており、印材としては最適です。
そして、その美しさも品格があり印鑑のKINGと言えるでしょう。
当「 HANKO-KING 」では、経済産業省・環境省の認定を受けた本象牙を使って
印鑑を製作した商品を扱っております。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

土日祝は定休日とさせていただきます。
注文はオンラインで24時間受付中。
営業時間は8時~18時です。

各キングへ

ページトップへ